ブログトップ

ことの葉暦

leafstar.exblog.jp

政権交代、その頃の空は・・・

ここ数日、エキサイトブログのサーバーは調子が悪かったみたいなのですが、mixiだとか、他にも色々なところでトラブルが頻発していたみたいです。
情報・コミュニケーションを担当しているのは水星ですが、もう10日以上も火星とスクエアの状態なのが、いかにも!です。火星は意欲・行動の星ですが、勢いが過ぎてトラブルメーカーになってしまうこともあります。スクエアはダイナミックで非常に創造的ですが、頑張らないと、という緊張感を感じさせずにはおかない関係でもあります。
そんな空模様は7日ごろまで続きます。政権交代が現実になって、みんないろんなことを考えずにはいられないし、言いたいだろうし、知りたいだろうし、しばらく落ち着かないのだろうな・・・という感じです。

そんな只中、5日、というか4日の深夜といったほうがしっくりするような時間には、魚座で月が満ちます。
魚座は十二星座の十二番目に位置付けられており、「終わりの終わり」であるとともに、「始まりの始まり」になる星座です。意識のゆき着くところ、ちょっと「生と死の間」のようなイメージがあります。数多のものから解放された、ある意味究極の癒しの感覚があるとともに、それまで聴こえなかった、聞くことをしなかった微細な声を、求められるままに受け容れていくステージ・・・といった感じです。
そんな魚座で「無意識」=月が、煌々と輝く・・・しかも日本では、空の高いところで、満月はみんなに姿をさらします。
隠されておかれたもの、知らないと思っておいたこと・・・そういうものごとに、感性を向けずにはいられなくなるタイミングになるかもしれません。

それは、縛られていたり、囚われていたりした痛みを癒すことに繋がっているかもしれない、とも思います。そのタイミングに、義務と制限の星・土星が癒しの星キロンに懸命に和解しようと話しかける声が、届きそうな気配がするからです。

土星、そして土星を守護星とする山羊座は、「政治家の星」ともいわれます。癒しの星とコンタクトした後、土星は「改革の星」と呼ばれる天王星と、非常に意識的に取り組むことを必要とされる関係になります。(そういえば首班指名・組閣は16日になるようですが、そのあたりから「国のトップ」の星でもある太陽も、そこに重なっていきます。)バランスを取ることを頑張らないといけないような関係です。

何かを変えようとする時にこそ、守るべき大切なことに心をかけることを忘れないようにしないといけないように、そんな風に思うのです。何かを大切に守りたいと思うからこそ、変化を受けとめることも出来るのではないかな、そんな風にも思うのです。そんな冷静と情熱の間のバランスはとても必要なことだと思うので、そういう意味で、政治家はあまり野心的でない方がいいのではないかなあ・・・という気がするのですが・・・そんな私見はともかく、なかなか思わせぶりな感じに、今回の政権交代は星たちと繋がっています。流れを誠実に活かしてくれるといいな、と一市民として思わずにはいられません。

次期首相の鳩山さんは、調べてみたら水瓶座の太陽の生まれでした。今年は発展・拡大の星である木星が、彼の太陽の辺りで順逆行をして長く留まる年になっているので、こんなちょっとびっくりするような躍進があってもおかしくない時期ですが、まさに「始まりの始まり」でもあり、チャンスを受けとったなら、大いに育む努力をするべき時期でもあります。木星は海王星・キロンと三重直列になっているので、足もとを支えるものと遊離しないように頑張っていかなければならないような感じもします。
ちょっと気になるのは、彼の水星が魚座にある、ということ。麻生さんはさんざん「ブレる」との誹りを受けていましたが、受け容れる力がとてもパワフルな魚座の水星も、周りを聴かずにはいられないという特徴があるのです・・・。
ちなみに彼が掲げる「友愛」は、水瓶座のキーワードでもあります。奥サマ共々スピリチュアル好き、らしいので、「水瓶座の時代」を、意識されたのでしょうか??

変化の始まりの始まりに備える香り
   ティートリー 1滴
   パイン 1滴
   ユーカリ・グロブルス 1滴
   ラベンダー 2滴

この頃の空からの十二星座別メッセージはこちらへどうぞ。
   
[PR]
by leaf-child0802 | 2009-09-03 15:18 | 星空のお話 | Comments(0)
<< 怖くない、怖くない。 浄化の夢 >>