ブログトップ

ことの葉暦

leafstar.exblog.jp

いまひとたびの、奈良へ 予告編

e0170845_1559678.jpg

タイトルは、この年明けぐらいから流れるようになった、CMから拝借しました。
「なんと(710年、であり、京都に対して南都、でもあるのでしょう。)素敵な平城京」遷都から、今年で千三百年!
そうでなくても、特別感でいっぱいな星空模様の2010年。しかも本厄(!)に当たっていることに気付いてしまったので、いつもよりしっかりと時間をとって、お宮参りからずっとお世話になっている春日大社にお参りがてら、久しぶりに奈良公園のあたりでゆっくりして、たっぷり英気を養ってきました。
しばらく続いていた雨が一段落し、みずみずしく澄んでいる空気を通って、淀みなく入ってくる光や、気配たちの、なんと気持ちよく、心地よいこと!
写真は、東大寺二月堂からの眺め。逆光気味である上、澄みきり、晴れ渡っているあたりを満たす光があまりにclearなので、上手に撮れなかったのだけれど、手前の大屋根は、大仏殿。その向こうを守っているのは、生駒山です。
ここは、奈良の地を一望できるオススメの場所で、私自身も数えられないぐらい訪れているんですが、この日の眺めは、立ち去り難い、とはまさにこの気持ち、とひしひし感じるぐらいに、格別にきれいでした。こんな素敵な、美しいところがふるさとであることに、よろこびと感謝と誇りを、「いまひとたび」感じられた、よい日になりました。
他に気持ちよい写真が何枚か撮れたので、近々アップします。お楽しみに!
[PR]
by leaf-child0802 | 2010-02-18 15:59 | Comments(0)
<< いまひとたびの、奈良へ 本編 その1 New Message >>