ブログトップ

ことの葉暦

leafstar.exblog.jp

春への備え

明日で、2月も終わり。
個人的な印象、ではあるのですが、2月28日と3月1日の間にある節目感、というか、すとん、とか、ぱたん、とエネルギーのイメージが変わる感じは、他の月の境目のものよりも、ずいぶんと切実なような気がするのです。
12月31日と1月1日の間よりも。
さあ、春なんだぞ、春が来るんだぞ、と、迫られるような感じ。

もっとも、自然というのは、実はあまねくグラデーションになっているものなので、月が変わったからといって、すとん、と、ぱたん、と潔く春になるワケではもちろんないのですが。

私が冬がとても好きだから、というのも、こんなことを思ってしまう理由のひとつ、ではあるのでしょう。
冬を惜しむ気持ちが、つい高まってしまうのです。

去る季節が去り際を、来る季節が踏み込むタイミングを、共に窺っているこの頃。
そういう時の空は、たいてい雨模様。
あさっての乙女座の満月を眺めることは、難しそうです・・・。

十二星座の前半の最後にあたる乙女座。
いったんそこまでを振り返り、片付けるべきことは片付けて、次へと備えようとする段階を司っています。なので、整理・整頓が得意、と言われたりします。きちんと細かいところまで気を配ろうとできる星座です。

満月を境に、月は次の新月=次の始まりの時へ向けて細くなっていきますが、そんな「欠けていく月」のエネルギーは、実は乙女座ととても親和するようにも、思えます。月が欠けていく時期は、心や身体を整理して、次に備えるようにするとよい、とされているからです。

一方で、この満月から新月へと至る二週間の星空を眺めてみると、「成長」しようというエネルギーが、強く感じられます。
整理、というのとは、一見矛盾するかのような感じですが。
けれど、その「成長」は、ただぐんぐん、どんどん、旺盛に大きくなろうという感じでは、ないんじゃないかな、と思うのです。もうちょっと着実で、育てるべきところと、育て方をちゃんとわきまえているような、そんな感じがしています。こらえるべきところはこらえるような、手放すべきものはべきものは手放すような、そんなところもあるイメージ。
そうしているからこそ実現する、程よい身の軽さと重さとか、危うくないスピード感が、あるような気がします。

ちょうどこの時期は、春に備えて身体がデトックスをしようとする時期です。
デトックス、というと、とにかく出す!と思いがちですが、どうしても負担はかかりますし、気持ちよく活動していくためにも、出すべきものは出す、だけでなく、摂るべきものは摂ることも同じぐらい大切です。まさに「整理」ですね。
たとえばハーブだと、血をきれいにするとともに、ビタミンやミネラルなどの栄養もたっぷりのネトルなどが、オススメの代表、になります。ローズヒップ、ダンディライオン・ルート、クリーバーズなどもよいと思います。

そうして、しっかりきれいに、成長できるようになっていくような、そんな春先の、星空です。

春に備える香り
   フェンネル・スイート 1滴
   ジュニパー 2滴
   グレープフルーツ 2滴

十二星座別メッセージはこちらへどうぞ。
[PR]
by leaf-child0802 | 2010-02-27 16:50 | 星空のお話 | Comments(0)
<< ショパンの調べ いのちあるモノ 追記 >>