ブログトップ

ことの葉暦

leafstar.exblog.jp

しのぶれど

明日は、満月です。

東京で、ソメイヨシノの開花宣言があったのが、ちょうど一週間前。
ご存知のとおり、開花から満開までは、だいたい一週間です。
・・・ということは、
「満月の月明かりの下で、満開の桜が観られるなんて、ちょっと贅沢すぎやしないかしら?!」
・・・なんて、思っていたのだけれど・・・。

何を思ったのか、踵を返さないといけない気になったようなのです。寒波が。
今日もさっき外に出たみたら、息が白かったりしたんですが。
昨日がまた、真冬でもしょっちゅうはないぐらいの、寒さだったのです。

そんな昨日は、用事で吉祥寺まで出かけないといけないと、前から決まっていた日でした。
吉祥寺といえば、そう、井の頭公園。
都内有数の、桜の名所。
多くの学生が、その同じ沿線に暮らしている大学に通っていたので、いろいろと思い出があるところでもあります。
終電で集合して、徹夜でお花見したことも、ありました。(若気の至りのひとつ、ではありますが・・・。ちなみに今は22時以降のお花見は禁止されているそうです・・・。)
もしかしたら、そんな懐かしい花景色に再会できる、絶妙のスケジュールになっているのでは?!と、ちょっと楽しみには、していたのです。

普段は、人がたくさん集まるところは、なるべく避けながら生活している私。
だけど、せっかくの桜を観ないなんて、CMで引用されている川端康成の一節ではないですが、「春の義理が果たせない」というものでしょう!
・・・と、少し早めに家を出ることにしました。

順調であれば、見ごろを迎えていることが期待されもした桜でしたが・・・
e0170845_13113771.jpg

こんな感じでした・・・。
e0170845_13144675.jpg

まだ秘めてないといけないのね、と、耐えているような・・・。
けれどもやっぱり、湧き出でようとするものは止めようもないようで、そこはかとなく桜色が、辺りに染みてはきています。
「しのぶれど、いろにでにけり」でしょうか。
e0170845_13221478.jpg

↑奥まった、ちょっとひっそりとしたあたりが、一番咲き揃っていました。

誇らかに、明らかに、高らかに、春の成就をうたうには、あと少ししのばないといけないようです。

一方、この満月から月が欠けてゆく2週間ほどの星空のエネルギーのもとでは、「しのんで」いることは、あまりしていられないのではないかな、と思います。
望むもの。欲するところ。
妥協なく、それらに向かい、確実に、かたちにしようとするエネルギー。
そしてそれらを、ためらうことなく、手にしようとするエネルギー。
そんなエネルギーたちが、外へと出ていこうとしている気配がしています。
貪欲、という言葉は、あまり聞こえがよくないですが、大きく花開こうとするなら、旺盛に欲することをしておく段階も、ないといけないのかもしれません。
そんな段階にいることになりそうな、時期みたいです。

しのんでばかりは、いられない香り
   パイン 3滴
   シナモンリーフ 1滴
   カルダモン 2滴

この満月からの2週間の、十二星座別メッセージはこちらへどうぞ。 
[PR]
by leaf-child0802 | 2010-03-29 14:25 | 星空のお話 | Comments(0)
<< 物語を着る楽しみ 食べるということについて >>