ブログトップ

ことの葉暦

leafstar.exblog.jp

祈り

とてもとても、悲しくて苦しい状況が続いています・・・。

自分には、祈ることしかできない、と、もどかしさを感じ、
そして、そのもどかしさを苦しく感じていらっしゃる方も、多いことでしょう。

でも、祈りには、力があります。
だから、祈り続けましょう。

ただ、ひとつ、気に留めていていただければな、と思うことがあります。
「お祈り」は、「お願い」ではない、ということです。

祈り、とは、
神さま、とか、世界、とか、自然、とか、愛、とか、ハイヤーセルフ、とか
whatever・・・との、
信頼や、繋がりを、
メンテナンスする、とか、ケアする、とか、
そういうこと、です。

それは、閉めていた窓や扉を開け放つことに似ています。
そうして、
入ってくることを、
出ていくことを、
通ることを、
ゆるすこと。

大切な何かとの信頼や、繋がりが、ちゃんとメンテナンス・ケアできた後の心は、
静穏で、清澄です。

そんな心には、確かなゆとりが、あるものです。
ほんとうのことに、大切なことに、気付いていられる、ゆとり。
そこにある苦しみに、大丈夫、と伝えられる、ゆとり。
ありがとう、と伝えることを忘れないでいられる、ゆとり。

日々の、ほんとうに身近なところから、でいいのです。
それが直接被災者の方々に、でないからといって、卑下しないで・・・。
今、ここに、目の前にいる誰かに、でいいのです。
小さなこと、でいいのです。
「ゆとり」を忘れないで、
「気」を「付け」て、
できることを、やりましょう。

たとえば、ゆだねること、とか、ゆずること、とか、待つこと、とか。
引き受けること、とか、シェアをすること、とか。
それらは、心のゆとりが確かにあるからこそ、
信頼や理解が確かにあるからこそ、
ほんとうに、できることです。

そうすることで、そこに生まれた小さな安心は、
「気付き」の連鎖となって、「ゆとり」の連鎖となって、
必ず、大きなあたたかな流れへと、育っていきます。
必要なところへ、きっと辿り着きます。




祈りましょう。

心を強く、共に歩んでいけますように。



祈りのための香り
   スパイクナード 1滴
   マジョラム・スイート 2滴
   ローズウッド 2滴
[PR]
by leaf-child0802 | 2011-03-17 13:42 | 素敵なものたちのこと | Comments(0)
<< 女神の灯火 Devotion >>