ブログトップ

ことの葉暦

leafstar.exblog.jp

ゴードン・ブラウンとミスター・シューマック

降りましたね!予報どおり雪!
私、前世で少なくとも一回は犬だったような気がします。雪が降ると無性に無邪気な気持ちになるので。いちおう省エネ→エコを気遣って、この季節お日さまのお顔が見えない日はカーテンをおろしておくのですけど…全開にしてしまいました…。

そんなところで、今日のおはなしを。
昨日、なんですけど、ちょっといいな、と思うニュースがありました。
「イギリスで党首討論中止。議会も5分で散会。」
理由は、野党保守党のキャメロン党首の息子さんが急逝されたこと。生またときから難病を抱え、まだ6歳だったそうです。
「悲しい時に支えあうのは当然のこと。」というブラウン首相のコメントが載っていました。ブラウン首相も50歳を過ぎて初めて授かったお嬢さんを生後間もなく亡くされているのだとか。加えて、下の坊やがやはり、難病を抱えているのだそうです。
政治の世界のおはなしなので、もしかしたら裏の事情とかを透かして観ることも大人としては必要なのかもしれないけれど、私はただ単純にちゃんとあたたかい、いいおはなしだな、と思いました。

ちょっとぎょろりとした目で、一見いかつい感じ。でも私は、ゴードン・ブラウンさんに、どこかふかふかしたエネルギーを感じてしまうんです。高校時代の数学の先生だった、ミスター・シューマックになんとなく似ているからだと思います。話の節目ごとに口をきゅっと結ぶような、笑顔がちょっと苦手みたいな先生だったけど、先生に誠実な言葉でほめてもらったおかげで、私は数学を嫌いにならないでいられました。
「博士の愛した数式」の映画が大好きです。でも、数学を嫌いになっていたら、きっとはじめからリラックスして映画を楽しむことはできなかったんじゃないかと思うのです。

残念ながら、ミスター・シューマックのお誕生日を知る術はもはやないのですけど、ブラウン首相のお誕生日はネットで簡単に調べられました。(公人中の公人ですものね。でもネットって便利だけどやっぱりなんだかおそろしい…。)
その空では、魚座に金星・火星・木星が集っていました。魚座、というのは12星座の中でもっとも「やわらかい」星座です。かたちがないくらいに、やわらかい。だから何かに、溶け合ってしまうくらいの心地よさで寄り添うことができる。そんなエネルギーが満ちているところに、調和を愛する金星と、愛するものをあたたかく育もうとする木星と、情熱の星火星が輝いている…。
やっぱりゴードン・ブラウンさん、あたたかいところがある人なんだ、と思ってしまいました。イギリスも景気が落ち込んでつらい状態みたいです。元気にしてあげられると、いいですね。

あたたかいところがある魚座の香り
   イランイラン 2滴
   マジョラム・スイート 2滴
   レモングラス 1滴
[PR]
by leaf-child0802 | 2009-02-27 16:14 | 星空のお話 | Comments(0)
<< 元気を出して 春を迎える心構え >>