ブログトップ

ことの葉暦

leafstar.exblog.jp

タグ:月 ( 42 ) タグの人気記事

ちょっと気が早いけど

ちょっと気が早いけど、11日の乙女座の満月のことを書いておきます。
満月ってお顔を見られるとやっぱり嬉しくなりますよね。楽しいことがこのタイミングに合うと、うんと楽しい、といいます。ものごとは実を結び、生きものが生きていることを謳歌するのが、月が満ちる頃です。
ある意味、素直になれる時期なのかな、とも思います。「月」は、「無意識」の象徴だからです。考えるより先にしてしまう、それが月だからです。

今回の乙女座の満月は、なんだかいつもよりパワフルな感じがします。土星がすぐそばにいるからです。そしてその乙女座の満月に正面から向き合う魚座の太陽のすぐそばには、天王星がいるからです。

乙女座も魚座も、実は「始めるために終えること」に関わっています。
ただ、
乙女座は、「かたちを整える」星座です。一方の魚座は、「かたちを手放す」星座です。
そして、
土星は、かたちを確かにしようとします。一方の天王星は、かたちから自由になろうとします。

きれいな対照で、きれいに対称です。

これまでと、これからを、どうケアするか。
明るい満月が、照らし出すものがあるかもしれませんね。

パワフルな乙女座の満月の香り
   フェンネル 1滴
   ラベンサラ 2滴
   サンダルウッド 2滴

満月を迎えに、明日から大好きな島へ行って来ます。
[PR]
by leaf-child0802 | 2009-03-08 16:23 | 星空のお話 | Comments(0)

雨水と魚座の新月のこと

雨、ですね。そういえば先週の水曜日が二十四節季の「雨水」でした。生まれようとする春を、そっと励ます雨の頃、でしょうか。
雨の日が好きです。いつもより静かな朝に、雨の気配の中で目を覚ますのが好きです。いつもより少しだけ重い空気の質感に、安心してしまいます。植物たちが、深い呼吸をしています。
レインコートに長靴、の特別な装いに、子供の頃みたいにうきうきするのもいいけれど、もっと無防備に、傘だけを携えて雨の中にたたずむのが好きです。
沖縄の「玉陵」を訪れたときも、雨でした。「玉陵」は、首里のお城のそばにある王様たちのお墓で、石で出来ています。玉砂利は、珊瑚です。冬の雨の日、そこは、白と黒の諧調に支配されていて、亜熱帯特有の濃密で甘い緑が、美しく映っていました。あんまりにも静かで、安らいでいて、降り注ぎ、辺りを満たす雨水に呼吸を委ねるたびに、私も、緑も、石も珊瑚も、一緒に世界に溶けていくような感じがしました。ただうっとりと、長い間そこにいたことを懐かしく思い出します。

これ、なんだか魚座っぽい体験です。

今年は「雨水」の日に、太陽が魚座に入りました。そして明日は、魚座の新月の日です。
雨、みたいですね。静かに安らぐにはもってこいの日に、なりそうです。加えて明日は水星と木星が水瓶座で手を携えるので、よい考えが浮かぶ、かもしれません。

明日の魚座の新月の香り
 ブルーサイプレス 2滴
 クラリセージ 2滴
 レモン 1滴

たとえば「最近思い詰めてるなあ…。」と感じるなら、テーブルスプーンに山盛りいっぱいの自然塩に混ぜてバスソルトにして、それでゆっくりお風呂に入る、なんていかがでしょう?まずはリラックス。そうすることで、ふっと開ける世界を楽しんでみてください。
ちなみにこの香り、女性の「月のリズム」の関係で、気分に白波が立っていたり、淀んでいたりするときにもおすすめです。
[PR]
by leaf-child0802 | 2009-02-24 16:58 | 季節の言祝ぎ | Comments(0)